病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
診療実績・病院指標
学術活動
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
地域協議会
病院広報誌
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

リウマチ科のご案内

 

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性・皮膚筋炎、血管炎症候群、脊椎関節炎、ベーチェット病、IgG4関連疾患、自己炎症症候群などのリウマチ性疾患・膠原病類縁疾患の外来・入院診療を行っています。関節超音波はエキスパートが検査を行っており、リウマチ性疾患の早期診断に力を入れています。関節エコー外来の紹介も随時受け付けておりますので地域連携室にお問い合わせください。近年、関節リウマチの治療は大きく進歩しましたが、当院では全ての生物学的製剤、分子標的薬剤の治療を受けることができます。全身状態や合併症を把握し、患者さんにあった適切な治療を目指しています。病気の活動性が落ち着いている患者さんは、かかりつけ医との病診連携も積極的に行っています。リウマチ性疾患は全身性の疾患であるため、内科の他の専門科や整形外科、皮膚科、眼科、歯科口腔外科、リハビリテーション科などと協力して全人的な医療を行っています。

施設認定
・   日本リウマチ学会教育施設


氏名 資格等 外来
溝上 明成 dr.mizogami 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
火曜日・水曜日・金曜日
藤川 敬太 dr.hujikawa 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医・指導医
月曜日・木曜日
赤城 翠 火曜日・金曜日
 

■実績

1)新規患者数

riumachi01

2)外来・入院延べ患者数

riumachi02

3)地域連携 新規患者数(2019年9月末現在 連携診療中の患者数 186名 連携施設:82施設)

riumachi03

4)2017年度 疾患別外来患者


関節リウマチ

623人

全身性エリテマトーデス

104人

炎症性筋疾患

26人

血管炎症候群

61人

強皮症

53人

混合性結合組織病

20人

その他リウマチ科疾患

398人

膠原病否定・その他

267人

合計

1,552人

riumachi04

5)関節超音波検査件数

riumachi05

 

2014年度からの業績 

論文、著書

2014年度

MEFV gene polymorphisms and TNFRSF1A mutation in patients with inflammatory myopathy with abundant macrophages.

Fujikawa K, Migita K, Shigemitsu Y, Umeda M, Nonaka F, Tamai M, Nakamura H, Mizokami A, Tsukada T, Origuchi T, Yonemitsu N, Yasunami M, Kawakami A, Eguchi K.

Clin Exp Immunol. 2014;178(2):224-8.

 

Mediterranean fever (MEFV) variant P369S/R408Q in a patient with entero-Behçet's disease who successfully responded to treatment with colchicine.

Fujikawa K, Migita K, Nagasato A, Tsukada T, Kawakami A, Eguchi K.

Intern Med. 2014;53(20):2381-4.

 

Protracted febrile myalgia syndrome in a Japanese patient with fasciitis detected on MRI.

Fujikawa K, Migita K, Tsukada T, Kawakami A, Eguchi K.

Intern Med. 2014;53(24):2817-9.

 

A case of rheumatoid arthritis with sacroiliitis successfully treated with infliximab.

Fujikawa K, Tokuyama A, Tsukada T, Suzuki T, Nakamura H, Kawakami A

Kyushu Journal of Rheumatology.2014;34(1):23-27.

 

Hemophagocytic syndrome and inflammatory myopathy with abundant macrophages in a patient with adult-onset Still's disease.

Umeda M, Origuchi T, Fujikawa K, Koga T, Mizokami A, Nakashima Y, Suzuki T, Okada A, Kawashiri SY, Ichinose K, Tamai M, Yamasaki S, Nakamura H, Kawakami A, Eguchi K.

Intern Med. 2014;53(20):2385-9.

 

2015年度

パワードプラによるsubclinical synovitisと骨びらんの関連性

藤川敬太

リウマチ科. 2015;53(1):69-72.

 

Dysregulated mature IL-1β production in familial Mediterranean fever.

Migita K, Izumi Y, Fujikawa K, Agematsu K, Masumoto J, Jiuchi Y, Kozuru H, Nonaka F, Shimizu T, Nakamura T, Iwanaga N, Furukawa H, Yasunami M, Kawakami A, Eguchi K.

Rheumatology (Oxford). 2015;54(4):660-5.

 

Decreased Expression of Innate Immunity-Related Genes in Peripheral Blood Mononuclear Cells from Patients with IgG4-Related Disease.

Nakajima A, Masaki Y, Nakamura T, Kawanami T, Ishigaki Y, Takegami T, Kawano M, Yamada K, Tsukamoto N, Matsui S, Saeki T, Okazaki K, Kamisawa T, Miyashita T, Yakushijin Y, Fujikawa K, Yamamoto M, Hamano H, Origuchi T, Hirata S, Tsuboi H, Sumida T, Morimoto H, Sato T, Iwao H, Miki M, Sakai T, Fujita Y, Tanaka M, Fukushima T, Okazaki T, Umehara H.

PLoS One. 2015;10(5):e0126582.

 

Increased prevalence of MEFV exon 10 variants in Japanese patients with adult-onset Still's disease.

Nonaka F, Migita K, Jiuchi Y, Shimizu T, Umeda M, Iwamoto N, Fujikawa K, Izumi Y, Mizokami A, Nakashima M, Ueki Y, Yasunami M, Kawakami A, Eguchi K.

Clin Exp Immunol. 2015;179(3):392-7.

 

Serum interferon-α is a useful biomarker in patients with anti-melanoma differentiation-associated gene 5 (MDA5) antibody-positive dermatomyositis.

Horai Y, Koga T, Fujikawa K, Takatani A, Nishino A, Nakashima Y, Suzuki T, Kawashiri SY, Iwamoto N, Ichinose K, Tamai M, Nakamura H, Ida H, Kakugawa T, Sakamoto N, Ishimatsu Y, Mukae H, Hamaguchi Y, Fujimoto M, Kuwana M, Origuchi T, Kohno S, Kawakami A.

Mod Rheumatol. 2015;25(1):85-9.

 

2016年度

Successful treatment with adalimumab for Intestinal Behcet’s disease during pregnancy.

Fujikawa K, Endo Y, Mizokami A, Takahashi K, Tabuchi M, Ohba K, Nakamura H, Kawakami A.

Intern Med. 2016;55(10):1375-8.

 

A. Histological improvement in salivary gland along with effector memory Th17-1 cell reduction in a primary Sjogren's syndrome patient with dermatomyositis and diffuse large B-cell lymphoma by R-CHOP therapy.

Koga T, Mizokami A, Nakashima M, Shimizu T, Nakashima Y, Nakamura H, Chiwata M, Daisuke N, Kawakami A.

Clin Immunol. 2016 ;165:35-7.

 

Syphilis mimicking a recurrence of Behcet disease: a case report

Yushiro Endo, Keita Fujikawa, Kanako Ishibashi, Akinari Mizokami, and Atsushi Kawakami

Kyushu Journal of Rheumatology. 2016;36(1),51-56.

 

Familial Mediterranean fever is no longer a rare disease in Japan.

Migita K, Izumi Y, Jiuchi Y, Iwanaga N, Kawahara C, Agematsu K, Yachie A, Masumoto J, Fujikawa K, Yamasaki S, Nakamura T, Ubara Y, Koga T, Nakashima Y, Shimizu T, Umeda M, Nonaka F, Yasunami M, Eguchi K, Yoshiura K, Kawakami A.

Arthritis Res Ther. 2016;30;18:175.

 

Predictors of clinical outcomes in patients with neuropsychiatric systemic lupus erythematosus.

Ichinose K, Arima K, Umeda M, Fukui S, Nishino A, Nakashima Y, Suzuki T, Horai Y, Koga T, Kawashiri SY, Iwamoto N, Fujikawa K, Aramaki T, Tamai M, Nakamura H, Sato S, Origuchi T, Kawakami A.

Cytokine. 2016;79:31-7.

 

Evaluation of switching from intravenous to subcutaneous formulation of tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis.

Iwamoto N, Fukui S, Umeda M, Nishino A, Nakashima Y, Suzuki T, Horai Y, Nonaka F, Okada A, Koga T, Kawashiri SY, Fujikawa K, Aramaki T, Ichinose K, Hirai Y, Tamai M, Nakamura H, Terada K, Nakashima M, Mizokami A, Origuchi T, Eguchi K, Ueki Y, Kawakami A.

Mod Rheumatol. 2016;16:1-5.

 

Rapid improvement of Clinical Disease Activity Index (CDAI) at 3 months predicts a preferable CDAI outcome at 1 year in active rheumatoid arthritis patients treated with tocilizumab: results from an observational investigation of daily clinical practice.

Kawashiri SY, Nishino A, Suzuki T, Nakashima Y, Horai Y, Ueki Y, Aramaki T, Fujikawa K, Nakashima M, Okada A, Migita K, Mizokami A, Matsuoka N, Mine M, Sakito S, Iwamoto N, Ichinose K, Tamai M, Nakamura H, Origuchi T, Aoyagi K, Eguchi K, Kawakami A.

Clin Exp Rheumatol. 2016;34(5):808-812.

 

A multicenter phase II prospective clinical trial of glucocorticoid for patients with untreated IgG4-related disease.

Masaki Y, Matsui S, Saeki T, Tsuboi H, Hirata S, Izumi Y, Miyashita T, Fujikawa K, Dobashi H, Susaki K, Morimoto H, Takagi K, Kawano M, Origuchi T, Wada Y, Takahashi N, Horikoshi M, Ogishima H, Suzuki Y, Kawanami T, Kawanami HI, Sakai T, Fujita Y, Fukushima T, Saito M, Suzuki R, Morikawa Y, Yoshino T, Nakamura S, Kojima M, Kurose N, Sato Y, Tanaka Y, Sugai S, Sumida T.

Mod Rheumatol. 2016;16:1-26.

 

TAFRO syndrome with primary Sjogren's syndrome.

Iwanaga N, Harada K, Tsuji Y, Kawahara C, Kurohama K, Izumi Y, Yoshida S, Fujikawa K, Ito M, Kawakami A, Migita K.

Nihon Rinsho Meneki Gakkai Kaishi. 2016;39(5):478-484.

 

 

2017年度

Ultrasound-detected bone erosion is a relapse risk factor after discontinuation of biologic disease-modifying antirheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis whose ultrasound power Doppler synovitis activity and clinical disease activity are well controlled.

Kawashiri SY, Fujikawa K, Nishino A, Okada A, Aramaki T, Shimizu T, Umeda M, Fukui S, Suzuki T, Koga T, Iwamoto N, Ichinose K, Tamai M, Mizokami A, Nakamura H, Origuchi T, Ueki Y, Aoyagi K, Maeda T, Kawakami A.

Arthritis Res Ther. 2017;19(1):108.

 

Effects of HLA-DRB1 alleles on susceptibility and clinical manifestations in Japanese patients with adult onset Still's disease.

Asano T, Furukawa H, Sato S, Yashiro M, Kobayashi H, Watanabe H, Suzuki E, Ito T, Ubara Y, Kobayashi D, Iwanaga N, Izumi Y, Fujikawa K, Yamasaki S, Nakamura T, Koga T, Shimizu T, Umeda M, Nonaka F, Yasunami M, Ueki Y, Eguchi K, Tsuchiya N, Tohma S, Yoshiura KI, Ohira H, Kawakami A, Migita K.

Arthritis Res Ther. 2017;19(1):199.

 

Comparative risk of hospitalized infection between biological agents in rheumatoid arthritis patients: A multicenter retrospective cohort study in Japan.

Mori S, Yoshitama T, Hidaka T, Sakai F, Hasegawa M, Hashiba Y, Suematsu E, Tatsukawa H, Mizokami A, Yoshizawa S, Hirakata N, Ueki Y.

PLoS One. 2017 Jun 8;12(6):e0179179. doi: 10.1371/journal.pone.0179179. eCollection 2017.

 

Tocilizumab is effective in a familial Mediterranean fever patient complicated with histologically proven recurrent fasciitis and myositis.

Umeda M, Aramaki T, Fujikawa K, Iwamoto N, Ichinose K, Terada K, Takeo G, Yonemitsu N, Ueki Y, Migita K, Kawakami A.

Int J Rheum Dis.2017 Nov;20(11):1868-1871.

 

2018年度

脊椎関節炎の治療の進歩

藤川敬太溝上明成

九州リウマチ 2018;38(1):16-21.

 

Cutaneous polyarteritis nodosa with necrotising vasculitis in the fascia.

Yushiro Endo, Keita Fujikawa, Akinari Mizokami, Kunihiko Nagasato, Masahiro Nakashima, Tomohiro Koga, Atsushi Kawakami

Modern Rheumatology Case Reports.2018;2(2):195-198.

 

HBV既往感染関節リウマチ患者を安全に治療するための対策と課題.

江口勝美、荒牧俊幸、寺田馨、辻良香、來留島章太、小島加奈子、松崎寿久、藤川敬太溝上明成、岩本直樹、一瀬邦弘、川上純、植木幸孝.

九州リウマチ2018;38(1):22-29.

 

Attenuated effectiveness of tumor necrosis factor inhibitors for anti-human T-lymphotropic virus type 1 antibody-positive rheumatoid arthritis.

Suzuki T, Fukui S, Umekita K, Miyamoto J, Umeda M, Nishino A, Okada A, Koga T, Kawashiri SY, Iwamoto N, Ichinose K, Tamai M, Fujikawa K, Aramaki T, Mizokami A, Matsuoka N, Ueki Y, Eguchi K, Sato S, Hidaka T, Origuchi T, Okayama A, Kawakami A, Nakamura H.

Arthritis Rheumatol. 2018 Jul;70(7):1014-1021.

 

Ultrasonographic Efficacy of Biologic and Targeted Synthetic Disease-Modifying Antirheumatic Drug Therapy in Rheumatoid Arthritis From a Multicenter Rheumatoid Arthritis Ultrasound Prospective Cohort in Japan.

Nishino A, Kawashiri SY, Koga T, Iwamoto N, Ichinose K, Tamai M, Nakamura H, Origuchi T, Ueki Y, Yoshitama T, Eiraku N, Matsuoka N, Okada A, Fujikawa K, Hamada H, Tsuru T, Nagano S, Arinobu Y, Hidaka T, Kawakami A.

Arthritis Care Res (Hoboken). 2018 Dec;70(12):1719-1726.

 

Podocyte foot process width is a prediction marker for complete renal response at 6 and 12 months after induction therapy in lupus nephritis.

Ichinose K, Kitamura M, Sato S, Fujikawa K, Horai Y, Matsuoka N, Tsuboi M, Nonaka F, Shimizu T, Fukui S, Umeda M, Koga T, Kawashiri SY, Iwamoto N, Igawa T, Tamai M, Nakamura H, Origuchi T, Nishino T, Kawakami A.

Clin Immunol. 2018 Dec;197:161-168.

 

2019年度

Characteristics of late-onset spondyloarthritis in Japan: A retrospective cohort study.

Endo Y, Fujikawa K, Koga T, Mizokami A, Mine M, Tsukada T, Uetani M, Kawakami A.

Medicine (Baltimore).  2019 Feb;98(7):e14431.

 

A case of rheumatoid arthritis complicated with nasal septum perforation due to methotrexate-associated lymphoproliferative disorder.

Ryuki Sakaguchi, Keita Fujikawa, Momoko Okamoto, Emi Matsuo, Kohei Matsumoto, Tomohisa Uchida, Kawashiri Shin-ya, Masahiro Nakashima, Akinari Mizokami, Atsushi Kawakami. Internal Medicine 2019 accepted.

 

A case of psoriatic arthritis with type I cryoglobulinemia associated with multiple myeloma.

Aiko Yamazaki, Keita Fujikawa, Yushiro Endo, Emi Matsuo, Yoko Yokoyama, Akinari Mizokami, Masahiro Nakashima, Atsushi Kawakami.

Modern Rheumatology Case Report 2019 accepted.

 

Combination of ultrasound power Doppler-verified synovitis and seropositivity accurately identifies patients with early-stage rheumatoid arthritis.

Shin-ya Kawashiri, Keita Fujikawa, Ayako Nishino, Ayuko Takatani, Toshimasa Shimizu, Masataka Umeda, Shoichi Fukui, Takeshi Igawa, Tomohiro Koga, Naoki Iwamoto, Kunihiro Ichinose, Mami Tamai, Hideki Nakamura, Tomoki Origuchi, Akinari Mizokami, Takahiro Maeda, Atsushi Kawakami.

Int J Rheum Dis. 2019 May;22(5):842-851.

 

Efficacy of infliximab as a switched biologic in rheumatoid arthritis patients in daily clinical practice.

Umeda M, Koga T, Ichinose K, Takatani A, Igawa T, Shimizu T, Fukui S, Nishino A, Horai Y, Hirai Y, Kawashiri SY, Iwamoto N, Tamai M, Nakamura H, Origuchi T, Aramaki T, Ueki Y, Okada A, Fujikawa K, Matsuoka N, Kawakami A.

Immunol Med. 2019 Jan 11:1-6.

 

Anti-citrullinated protein antibody titre as a predictor of abatacept treatment persistence in patients with rheumatoid arthritis: a prospective cohort study in Japan

Endo Yushiro, Koga Tomohiro, Kawashiri Shin-ya, Morimoto Shimpei, Nishino Ayako, Okamoto Momoko, Eguchi Mizuna, Tsuji Sosuke, Takatani Ayuko, Shimizu Toshimasa, Sumiyoshi Remi, Igawa Takashi, Iwamoto Naoki, Ichinose Kunihiro, Tamai Mami, Nakamura Hideki, Origuchi Tomoki, Ueki Yukitaka, Yoshitama Tamami, Eiraku Nobutaka, Matsuoka Naoki, Okada Akitomo, Fujikawa Keita, Hamada Hiroaki, Tsuru Tomomi, Nagano Shuji, Arinobu Yojiro, Hidaka Toshihiko, Tada Yoshifumi, Kawakami Atsushi

Scandinavian Journal of Rheumatology 2019 Accepted

 

学会発表

第58回日本リウマチ学会総会(2014年4月)

リウマチ性疾患の診断における関節超音波の有用性

藤川敬太、塚田敏昭 他

 

第58回日本リウマチ学会総会(2014年4月)

家族性地中海熱の3家系同胞例の検討

遠藤友志郎、藤川敬太、塚田敏昭 他

 

第58回日本リウマチ学会総会(2014年4月)

家族性地中海熱に対するトシリズマブの有効性

清水俊匡、藤川敬太 他

 

第58回日本リウマチ学会総会 International Concurrent Workshop(2014年4月)

MEFV and TNFRSF1A gene mutations in patients with inflammatory myopathy with abundant macrophages.

Yoshika Shigemitsu, Keita Fujikawa, Akinari Mizokami, Toshiaki Tsukada 他

 

EULAR 2014(2014年6月)

MEFV gene polymorphisms and TNFRSF1A mutation in patients with inflammatory myopathy with abundant macrophages.

Keita Fujikawa, Yoshika Shigemitsu, Akinari Mizokami, Toshiaki Tsukada et al.

 

第48回九州リウマチ学会(2014年9月)

関節リウマチに合併した手根管症候群における超音波所見の検討

藤川敬太、溝上 明成 他

 

第48回九州リウマチ学会(2014年9月)

膠原病関連血栓性微小血管障害症に対するリコンビナントトロンボモジュリンの使用経験

粕谷泰祐、藤川敬太、溝上明成 他

 

第49回九州リウマチ学会(2015年3月)

腸管型ベーチェット病の活動期に妊娠が判明した1症例

藤川敬太、溝上明成 他

 

第49回九州リウマチ学会(2015年3月)

当院におけるループス腸炎の臨床的検討

西畑伸哉、藤川敬太、溝上明成 他

 

第49回日本リウマチ学会(2015年4月)

手根管症候群における超音波所見の特徴~RAとnon-RA患者の比較~

藤川敬太、溝上明成 他

 

第50回九州リウマチ学会(2015年9月)

脊椎関節炎における関節超音波所見の検討

藤川敬太、溝上明成 他

 

第50回九州リウマチ学会(2015年9月)

門脈血栓症を合併したSLE2症例の検討

谷口育洋、藤川敬太、溝上明成 他

 

第50回九州リウマチ学会(2015年9月)

RS3PE症候群と関節リウマチの鑑別に関節超音波が有用であった症例

遠藤友志郎、藤川 敬太、溝上明成 他

 

第311回日本内科学会九州地方会(2015年11月)

多彩な合併症を来たしたSLEの一例

谷口育洋、藤川敬太、溝上明成 他

 

第51回九州リウマチ学会(2016年3月)

難治性Clinically amyophathic dermatomyositisと抗MDA-5抗体価の検討

石橋可奈子、藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第51回九州リウマチ学会(2016年3月)

非乾癬性末梢性脊椎関節炎に有用な所見の検討

藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第51回九州リウマチ学会(2016年3月)

TNF阻害薬に関連した乾癬にトファシチニブが奏功した関節リウマチの症例

藤川敬太、遠藤友志郎、横山洋子、溝上明成 他

 

第51回九州リウマチ学会(2016年3月)

下肢の腱付着部炎にて発症した全身性エリテマトーデスの一例.

溝上明成、藤川敬太、石橋可奈子、遠藤友志郎 他

 

第60回日本リウマチ学会総会(2016年4月)

関節超音波による末梢性付着部炎の検出は脊椎関節炎の診断に有用であるか?

藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第52回九州リウマチ学会(2016年9月)

脊椎関節炎の診断に有用な関節超音波の所見と観察部位の検討

藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第52回九州リウマチ学会(2016年9月)

膠原病性肺高血圧症に対するマシテンタンの使用経験

遠藤友志郎、藤川敬太、溝上明成 他

 

第52回九州リウマチ学会(2016年9月)

縦隔・肺門リンパ節腫脹を伴った結節性多発動脈炎の1例

佐藤十紀子、遠藤友志郎、藤川敬太、溝上明成 他

 

第52回九州リウマチ学会(2016年9月)

分類不能脊椎関節炎に対するTNF阻害薬の使用経験

小島加奈子、藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第315回日本内科学会九州地方会(2016年11月)

リウマチ性多発筋痛症に類似した症状を呈した敗血症の一例

山﨑愛子、遠藤友志郎、藤川敬太、溝上明成 他

 

第53回九州リウマチ学会(2017年3月)

クリオグロブリン血症を伴った乾癬性関節炎の一例

山﨑愛子、藤川敬太、遠藤友志郎、松尾江美、横山洋子、溝上明成 他

 

第53回九州リウマチ学会(2017年3月)

乾癬性関節炎にSLEを合併した一例

小島加奈子、藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第53回九州リウマチ学会(2017年3月)

仙骨部褥瘡を伴った分類不能脊椎関節炎の1例

梨木栄作、藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

 

第53回九州リウマチ学会(2017年3月)

肥厚性硬膜炎の原因鑑別に硬膜生検が有用であったANCA関連血管炎の1例

平山拓朗、遠藤友志郎、藤川敬太、溝上明成 他

 

第53回九州リウマチ学会(2017年3月)

Late-onset spondyloarthritisにおける臨床像の検討

遠藤友志郎、藤川敬太、溝上明成 他

 

第53回九州リウマチ学会(2017年3月)

脊椎関節炎における指炎の超音波所見の検討

藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第53回九州リウマチ学会(2017年3月)

当院の脊椎関節炎におけるHLA-B抗原の検討

藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第61回日本リウマチ学会総会(2017年4月)

超音波でどの付着部を観察すれば脊椎関節炎の診断に有用か?

藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第61回日本リウマチ学会総会(2017年4月)

脊椎関節炎における指炎の超音波所見の検討

藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第61回日本リウマチ学会(2017年4月)

Late-onset spondyloarthritisにおける臨床像の検討

遠藤友志郎、藤川敬太、溝上明成 他

 

EULAR 2017(2017年6月)

Diagnostic Utility of Detecting Enthesitis By Ultrasound in Peripheral Spondyloarthritis.

Keita Fujikawa, Yushiro Endo, Akinari Mizokami, et al.

 

第54回九州リウマチ学会(2017年9月)

関節リウマチの早期診断における超音波での足趾MTP滑膜炎検出の意義

藤川敬太、岡本百々子、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第54回九州リウマチ学会(2017年9月)

難治性の巨細胞性動脈炎にTocilizumabが奏効した一例

林信孝、藤川敬太、岡本百々子、溝上明成 他

 

APLAR 2017 (2017年10月)

Peripheral manifestations occur predominantly in patients with late-onset spondyloarthritis patients

Yushiro Endo, Keita Fujikawa, Akinari Mizokami, et al.

 

第55回九州リウマチ学会(2018年3月)

エコー寛解となりBiologic DMARDsを休薬した関節リウマチの検討

藤川敬太、岡本百々子、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第55回九州リウマチ学会(2018年3月)

付着部炎を伴った関節リウマチの検討

藤川敬太、岡本百々子、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第55回九州リウマチ学会(2018年3月)

成人Still病に胃ムーコル症を合併した一例

内田智久、岡本百々子、藤川敬太、吉川大介、三原智、溝上明成 他

 

第55回九州リウマチ学会(2018年3月)

多発性筋炎に血栓性微小血管障害症を合併した1例

岡本百々子、藤川敬太、溝上明成 他

 

第61回日本リウマチ学会総会(2018年4月)

関節リウマチの早期診断において関節超音波で足趾MTP関節を観察すべきか?

岡本百々子、藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第61回日本リウマチ学会総会(2018年4月)

MEFV遺伝子異常を伴った多発血管炎性肉芽腫症の一例

門松立樹、岡本百々子、藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第61回日本リウマチ学会総会(2018年4月)

長崎県央地区の中核病院における関節リウマチ連携について

溝上明成、岡本百々子、藤川敬太 他

 

第115回内科学会総会(2018年4月)

胃胸腔瘻を来たした胃ムーコル症の一例

内田智久、岡本百々子、藤川敬太、吉川大介、三原智、溝上明成 他

 

第115回内科学会総会(2018年4月)

SFTSウイルス量とサイトカインを解析した重症熱性血小板減少症候群の一例

本多貴一、藤川敬太、岡本百々子、三原智、近藤晃、溝上明成 他

 

 

 

EULAR 2018(2018年6月)

Diagnostic utility of metatarsophalangeal synovitis identified by ultrasonography for early rheumatoid arthritis

Momoko Okamoto, Keita Fujikawa, Akinari Mizokami, et al.

 

第56回九州リウマチ学会(2018年9月)

末梢性脊椎関節炎の活動性と関節超音波所見の検討

藤川敬太、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第56回九州リウマチ学会(2018年9月)

びまん性肺胞出血に対して集学的治療で救命し得た多発血管炎性肉芽腫症の一例

内田智久、藤川敬太、黒部由佳、村谷良昭、近藤晃、溝上明成 他

 

第56回九州リウマチ学会(2018年9月)

後天性血友病Aを発症したTNF受容体関連周期性症候群の一例

梅津彩香、藤川敬太、内田智久、松尾江美、溝上明成 他

 

第56回九州リウマチ学会(2018年9月)

鼻中隔穿孔をきたしMTX関連リンパ増殖性疾患が判明した関節リウマチの1例

門松立樹、藤川敬太、松尾江美、松本浩平、内田智久、岡本百々子、溝上明成 他

 

第56回九州リウマチ学会(2018年9月)

リツキシマブ単回投与が有効であった多発血管炎性肉芽腫症の一例

溝上明成、藤川敬太、内田智久、松本浩平 他

 

第29回日本脊椎関節炎学会(2018年9月)

当院における脊椎関節炎の特徴

藤川敬太、溝上明成 他

 

第57回九州リウマチ学会(2019年3月)

脊椎関節炎における関節超音波所見の特徴

藤川敬太、内田智久、溝上明成 他

 

第62回日本リウマチ学会(2019年4月)

末梢性脊椎関節炎の活動性と関節超音波所見

藤川敬太、内田智久、遠藤友志郎、溝上明成 他

 

第62回日本リウマチ学会(2019年4月)

Löfgren症候群の関節超音波所見

内田智久、藤川敬太、溝上明成 他

 

 

講演

長崎県央懇話会(2014年7月)

関節リウマチに合併した手根管症候群における超音波所見の検討

藤川敬太

 

リウマチ膠原病症例セミナー(2014年7月)

血小板減少を来たした全身性強皮症の一例

粕谷泰祐、藤川敬太

 

西九州自己免疫疾患研究会(2014年10月)

難治性ループス腸炎の1例

西畑伸哉、藤川敬太

 

第1回RAネットワーク研究会 in 諫早・島原(2014年10月)

関節リウマチの診断と治療

溝上明成

 

脊椎関節炎検討会(2014年11月)

当施設における脊椎関節炎の治療の実際

藤川敬太

 

関節リウマチ学術講演会(2015年2月)

エコー寛解に至ったRA患者におけるバイオフリーの試み

藤川敬太

 

長崎県央懇話会(2015年3月)

腸管型ベーチェット病の活動期に妊娠が判明した症例

藤川敬太

 

As, PsA疾患検討会(2015年7月)

脊椎関節炎における関節エコー所見の特徴

藤川敬太

 

リウマチ膠原病症例セミナー(2015年7月)

多彩な合併症を来たした全身性エリテマトーデスの一例

谷口育洋、藤川敬太

 

リウマチ膠原病症例セミナー(2015年10月)

再燃が疑われたベーチェット病の一例

石橋可奈子、遠藤友志郎

 

第54回日本医師会生涯教育講座(2016年1月)

関節リウマチ診療のup to date

溝上明成

 

第8回諌早総合病院 健康講座(2016年3月)

関節リウマチの治療について

溝上明成

 

RAネットワーク研究会 in 諫早・島原 島原分科会(2016年5月)

RA病診連携の現状報告

藤川敬太

 

新たなる肺高血圧症治療を考える会(2016年6月)

膠原病性肺高血圧症に対するマシテンタンの使用経験

藤川敬太

 

ヒュミラインターネットライブセミナー(2016年6月)

当院における脊椎関節炎の診療

藤川敬太

 

リウマチ膠原病症例セミナー(2016年7月)

後頸部〜両肩痛で発症しリウマチ性多発筋痛症が疑われた1例

山﨑愛子、遠藤友志郎

 

南高医師会学術講演会(2016年8月)

プライマリケアで役立つリウマチ性疾患のポイント

藤川敬太

 

佐賀大学関節エコー研修会(2016年9月)

リウマチ診療における関節エコーの活用法

藤川敬太

 

平成28年度 難病指定医等研修会(2016年10月)

膠原病疾患の診断等について

溝上明成

 

第3回RAネットワーク研究会 in 諫早・島原(2016年10月)

病診連携後のRAアウトカムの評価

藤川敬太

 

Kyusyu Ultrasound Advanced Seminar (2017年2月)

付着部炎の超音波所見

藤川敬太

 

県央関節リウマチ学術講演会(2017年3月)

関節エコーを用いたバイオフリーの試み

藤川敬太

 

佐賀大学関節エコー研修会(2017年3月)

リウマチ性疾患における関節超音波の有用性と応用

藤川敬太

 

久留米地区関節エコー講習会(2017年4月)

リウマチ性疾患における関節超音波の有用性

藤川敬太

 

県北関節エコー研修会(2017年5月)

リウマチ診療における関節エコーの活用法

藤川敬太

 

嬉野エコー研修会(2017年5月)

リウマチ診療における関節エコーの活用法

藤川敬太

 

RA seminar in OMURA(2017年6月)

リウマチ診療における関節エコーの活用法

藤川敬太

 

リウマチ性疾患関節エコー研修会 in 沖縄(2017年7月)

リウマチ性疾患における関節超音波の有用性

藤川敬太

 

若手のためのリウマチ性疾患画像研究会(2017年7月)

症例検討

岡本百々子、藤川敬太

 

リウマチ膠原病症例セミナー(2017年7月)

診断に苦慮した不明熱の一例

本多貴一、岡本百々子

 

Academy of Imaging ランチョンレクチャー(2017年7月)

当院における関節超音波の活用法

藤川敬太

 

諫早学術講演会(2017年9月)

関節リウマチにおける薬物療法

溝上明成

 

諫早市薬剤師会薬学講習会(2017年10月)

関節リウマチの診断と治療

藤川敬太

 

第4回RAネットワーク研究会 in 諫早・島原(2017年10月)

RA連携の現状報告~患者様アンケートを含めて~

溝上明成

 

PsA Forum in SASEBO(2017年11月)

PsA診療における関節超音波の有用性

藤川敬太

 

県央SpA治療を考える会(2017年11月)

脊椎関節炎(SpA)ってどんな病気?

藤川敬太

 

若手のためのリウマチ性疾患画像研究会(2017年12月)

症例検討

岡本百々子、藤川敬太

 

難病医療講演会 (2018年1月)

シェーグレン症候群,混合性結合組織病,ベーチェット病

藤川敬太

 

Kyusyu Ultrasound Advanced Seminar(2018年2月)

付着部炎の超音波所見 〜臨床での活用法〜

藤川敬太

 

熊本USハンズオンセミナー(2018年3月)

リウマチ性疾患における関節超音波の有用性

藤川敬太

 

骨粗鬆症と関節リウマチセミナー(2018年3月)

当院における最近の関節リウマチ治療

溝上明成

 

諌早総合病院院内セミナー(2018年5月)

膠原病症例の書類記入に関する事~医療事務さんへ向けて~

溝上明成

 

県央懇話会(2018年5月)

胃ムーコル症 注意すべき感染症

内田智久、岡本百々子、藤川敬太、吉川大介、三原智、溝上明成 他

 

日本リウマチ学会九州・沖縄支部関節超音波検査初心者向け講習会 (2018年6月)

関節超音波検査の有用性と実際

藤川敬太

 

福岡乾癬セミナー(2018年6月)

病態を考慮した乾癬性関節炎の診断と治療

藤川敬太

 

RAネットワーク研究会 in 諫早・島原 島原分科会(2018年6月)

関節リウマチの治療の実践 〜症例検討を含めて〜

藤川敬太

 

リウマチ膠原病症例セミナー(2018年7月)

発熱、体動困難で救急外来を受診した一例

本多貴一、藤川敬太

 

Fukushima RA Imaging Forum 2018 (2018年9月)

関節リウマチにおける関節超音波の有用性 〜診断から治療まで〜

藤川敬太

 

脊椎関節炎治療を考える会 (2018年10月)

当院における脊椎関節炎の治療の現状

藤川敬太

 

若手のためのリウマチ性疾患画像研究会(2018年11月)

両下肢痛と腫脹を来たした一例

内田智久、藤川敬太

 

長崎県央懇話会(2018年11月)

関節リウマチの最近の話題

藤川敬太

 

熊本県臨床整形外科医会(2019年2月)

脊椎関節炎の診断と治療の話題

藤川敬太

 

久留米地区関節エコー講習会(2019年5月)

症例から学ぶ関節超音波の鑑別疾患

藤川敬太

 

 

PageTop