病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
診療実績・病院指標
学術活動
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
地域協議会
病院広報誌
個人情報保護方針

リハビリテーション科のご案内

平成28年1月より標榜

当院は平成28年1月からリハビリテーション科を標榜しています。リハビリテーションは略してリハビリ、リハとも言われていますが、その意味は、「失われた機能の回復を促し、残された能力を最大限に活かす」ということです。皆さんには「動かなくなった手足を何とかまた動かせるようにする」というイメージがあると思います。しかし、心肺機能や嚥下機能、言語機能など生活に必要な各種機能の回復を促すこともリハビリの役割です。また、リハビリは十分そうした機能が戻らなくても、以前行えていた動作をいろいろな工夫を用いてまたできるようにするということも目指します。たとえ、身体機能の一部を失ったとしても、再び生活に適応できるように、スタッフがお手伝いいたします。治療手段には、運動療法、温熱・牽引・電気刺激などの物理療法、作業療法、言語療法、装具療法、義肢作製、薬物療法などがあります。皆さんの病状に応じて、スタッフみんなで話し合い、これらの治療法を選択し、組み合わせて実施します。
このほか、病棟看護スタッフとも連携を取り、日常生活動作の確実な遂行なども行います。
現在当院にはPT(理学療法士)4名、OT(作業療法士)1名、ST(言語聴覚士)1名(4月からは2名)、臨床心理士1名(4月からは2名)が所属しています。急性期病院であるためスタッフ数は多くありませんが、脳卒中、心筋梗塞・心不全、嚥下障害、各種がん、人工関節置換術、骨折術後、肺炎、各種疾患で入院前・入院中に生じた廃用症候群などの方が少しでも早く発症前の生活に戻っていただけるよう、また、回復期リハビリ病院や地域包括病棟を有する病院、療養型病院にスムーズに移行できるよう、スタッフ一同で力を合わせて、障害の評価と訓練を行っています。4月からは部長が神経内科部長の西浦義博がリハビリ科の部長を兼任いたします。これからもよろしくお願いいたします。なお、現時点では脳血管疾患等リハビリ(Ⅱ)、運動期リハビリ(Ⅰ)、呼吸器リハビリ(Ⅰ)、心大血管リハビリ(Ⅱ)、がん患者リハビリの基準を満たしています。

PageTop