病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
診療実績・病院指標
学術活動
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
地域協議会
病院広報誌
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

リハビリテーション科のご案内

当院におきましては、平成28年1月よりリハビリテーション科を標榜しております。現在、日本は世界でも有数の長寿国である一方、高齢化社会へ突き進み、総人口の約3割を65歳以上が占めております。従いまして、高齢者特有の認知症、整形外科疾患、誤嚥性肺炎に代表される呼吸器疾患、生活習慣病による脳・心血管疾患、心不全といった疾患が非常に増えてきております。これらの高齢患者に多く見られる状態として、最近よく耳にするフレイル(虚弱)サルコペニア(筋萎縮)というものがあります。こういった病態を基礎に持つ高齢者がひとたび入院生活を送ってしまうと、急激に歩けなくなる、体力を失う、認知力低下が進行するといったことが多く経験されます。一方で、在院日数を短縮することで医療費抑制を推進し、日常生活能力が回復しないままの退院を当院では問題視しておりました。そこで重要なのが機能回復訓練(リハビリテーション)となります。現在、当院におきましては、理学療法士PT7名、作業療法士OT4名、言語聴覚士ST3名、臨床心理士2名が在籍しております。そして令和2年4月より、心臓リハビリテーション指導士資格をもつ諸岡俊文医師が、リハビリテーション科診療部長として着任されました。このようにスタッフの充実が図られ、施設基準として脳血管リハビリⅠ、心大血管リハビリⅠ、運動器リハビリⅠ、呼吸器リハビリⅠ、がん患者リハビリの基準を満たしておりますので、入院中の多くの急性期疾患患者さんに対して満足のいく機能回復訓練を提供できる環境が整っております。また、個々の患者さんに対して、医師、薬剤師、看護師、管理栄養師、医療連携室スタッフなど、多職種間で連携をとりながら、より良い退院後計画を提案できるようスタッフ会議を行っています。これによって適切な回復期リハビリ病院や地域包括ケア病棟を有する病院、療養型病院、介護型施設などへのスムーズな退院ができるよう支援しております。さらには、県央地区では初めてCPX(心肺運動負荷試験)を導入した心臓リハビリテーションを外来でも継続して行っていただけるよう準備が進んでおります。このように、リハビリテーション部門は、今後ますます重要となってくると思われ、病院スタッフ一丸となって、地域の皆様のご期待に応えてまいりたいと思います。


氏名 資格等
諸岡 俊文 日本内科学会認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会専門医
日本心臓リハビリテーション指導士
PageTop