病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
診療実績・病院指標
学術活動
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
地域協議会
病院広報誌
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

放射線科のご案内

特徴
画像診断全般、IVR(画像下治療)、放射線治療が主たる業務です。

各種画像検査
■CT
2台のMD-CT(多列検出器型エックス線CT装置)で検査を行っています。
各部位のCTに対して、原則として即日画像データと所見をお返事しています。
冠状動脈CTを含め、画像作成(3D画像など)に時間を要することがあります。
依頼の多い検査部位としては
胸部、腹部、頭部、頭頚部、骨軟部(骨折)などがあげられます。

■MRI
2017年3月に3テスラのMRIが導入され、2台体制となりました。多くの検査については、原則として即日画像データと所見をお返事しています。
専門性の高い骨軟部領域(脊椎を除く)については、週に1回長崎大学 上谷教授に読影をお願いしており、所見・診断をつけています。
依頼の多い検査部位としては
頭部、骨軟部、脊椎、前立腺、女性骨盤、腹部、乳腺などがあげられます。

■エコー
最新のエコー装置を用いて検査を行い、原則として即日画像データと所見をお返事しています。
依頼の多い検査部位としては
腹部、頸部、乳腺などがあげられます。

■消化管透視
上部消化管透視、注腸検査を行い、原則として即日画像データと所見をお返事しています。

■IVR(インターベンショナルラジオロジー)
日本語では、画像下治療と訳されます。血管造影装置を用いて、カテーテルの血管内操作を行い、対象病変の治療を行うことや、CTやエコー、透視を用いて、ドレナージや生検を行います。
具体的には
肝動脈塞栓術
様々な動脈出血に対する動脈塞栓術
胃静脈瘤に対する塞栓術
動注化学療法
経皮的胆管・胆嚢ドレナージ
経皮的膿瘍ドレナージ
CT・USガイド下生検
CVポート留置術
等の手技が挙げられます。
*IVR手技については、放射線科で直接お受けすることはなく、当院の当該診療科に紹介していただくよう、お願いします。
氏名 専門領域 資格等
林  秀行 dr.hayashi 画像診断全般、IVR 日本医学放射線学会診断専門医
日本IVR学会専門医
日本医学放射線学会研修指導者
鶴﨑 久美子 画像診断全般 日本医学放射線学会診断専門医
日本検診マンモグラフィー読影認定医
荻原 幸宏 画像診断全般 日本医学放射線学会診断専門医
二川  栄 画像診断全般 日本検診マンモグラフィー読影認定医
検査の詳細については、放射線部のページもご覧ください。リンク

 

 

放射線治療
放射線治療は、月曜日から金曜日まで長崎大学病院の下記の放射線治療医が担当しています。

放射線治療医(いずれも長崎大学病院所属)
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
江川亜希子 山崎拓也 田崎裕太郎 高比良飛鳥 高比良飛鳥
 

放射線治療の詳細については、放射線部のページもご覧ください。リンク

 

PageTop