病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
診療実績・病院指標
学術活動
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
地域協議会
病院広報誌
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー
JCHO版総合医育成プログラム

消化器外科のご案内

氏名 専門領域 資格等
山口 広之 dr.yamaguchi 消化器(肝・胆・膵) 日本外科学会認定 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定 消化器外科専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医・指導医
日本消化器病学会認定 消化器病専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科)
日本肝臓学会認定 肝臓専門医
日本肝胆膵外科学会認定 肝胆膵外科高度技能指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
福岡 秀敏 dr.fukuoka 消化器・一般 医学博士
日本外科学会認定 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会認定 消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
長崎大学医学部(医学科)臨床教授
Certificate of da Vinci System as a console surgeon
臨床研修指導医
DMAT隊員
石井 光寿 DrIshii 消化器・一般 医学博士
日本外科学会認定 外科専門医
日本消化器外科学会認定 消化器外科専門医・指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科)
臨床研修指導医
Certificate of da Vinci System as a console surgeon
原 亮介 DrHara 消化器・一般 日本外科学会認定 外科専門医
日本消化器外科学会認定 消化器外科専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
Certificate of da Vinci System Training as a First Assistant
肥田 泰慈 Dr.Hida 一般外科
鄭 暁剛 Dr.tei 一般外科

●上部消化管領域胃癌に対しては、基本的に胃癌治療ガイドラインを遵守し治療を行っています。早期胃癌の治療には胃切除(縮小手術)が適応となり、近年腹腔鏡手術を導入、施行しています。癌の根治性を十分に確保した上で術後の疼痛も軽減し創痕も目立ちにくくなります。また、進行胃癌に対しては、手術に加えて化学療法を導入しています。導入により切除困難と考えられていたものが切除できるようになったり、根治性が上昇する可能性が報告されています。GISTに関しては、局所切除の適応になることが多く、腹腔鏡内視鏡合同手術(LECS)の導入により切除範囲を最適化し、機能温存と形状保持を目指しています。局在、発育形態、腫瘍径に基づいて、術式を選択しています。

過去5年間の胃癌症例
2022 2021 2020 2019 2018
根治切除 26 26 26 34 34
(腹腔鏡) (14) (6) (8) (9) (14)
非切除 2 4 5 3 6
(バイパス) (2) (3) (1) (1) (4)
(試験開腹他) (0) (1) (4) (2) (2)
合計 28 30 31 37 40

●下部消化管領域大腸癌に対しては積極的に腹腔鏡手術を取り入れ、内視鏡外科技術認定医(大腸領域)のもと、腹腔鏡の利点である拡大視効果を最大限に利用し、出血を抑え、確実なリンパ節郭清を施行しています。また創が小さいことから術後の疼痛も少なく、早期離床・早期退院が可能となりました。2020年からは80%以上の症例を腹腔鏡にて施行し、適応を拡大しておりますが、個々の症例に応じて安全性、根治性を吟味しつつ適応を決定し施行しています。

●ロボット支援下手術(da Vinci Surgical System)の導入
pic-daVinci2023年より、当科では da Vinci によるロボット支援下手術を消化器外科領域(結腸・直腸癌)で開始しました。
da Vinci surgical system は手ぶれ補正、モーションスケール、多関節、デジタルズームなどの様々な機能を有し、高解像度 3D 画像をみながらこれらの機能を駆使しつつ手術行うことで、繊細な手術が可能となります。腹腔鏡の欠点を補うことで、より繊細な手術が可能となり、根治性、肛門・排尿・性機能などの機能温存の向上が期待され、さらなる低侵襲手術が可能となります。
 日々進歩する大腸癌治療の中で、当科では手術・化学療法・放射線治療を組み合わせた最新の集学的治療を行っております。

また、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患や虫垂炎などの良性疾患に対しても腹腔鏡手術を施行しています。

進行再発大腸癌に対しての化学療法は遺伝子検査等を施行し、ガイドラインに準じて個々に適した薬剤を選択して治療を行なっています。

過去5年間の大腸癌症例
2022 2021 2020 2019 2018
腹腔鏡 80 74 76 73 58
開腹 11 16 16 25 18
合計 91 90 92 98 76
腹腔鏡率 87.9% 82.2% 82.6% 74.5% 76.3%

●肝胆膵領域当科では原発性肝癌、転移性肝癌、胆管癌、膵臓癌に対しても積極的に手術を施行しております。また化学療法、放射線治療も組み合わせた集学的治療を取り入れております。

過去5年間の肝胆膵症例
2022 2021 2020 2019 2018
肝癌 3 1 5 6 6
胆道癌
4 10 5 8 8
膵癌 11 25 19 5 8
合計 18 36 29 19 22

●胆石症胆嚢結石症、胆嚢炎に対して年間100例近くの手術を行っております。
当科では患者さんに優しい腹腔鏡を用いた手術を心掛けています。

過去5年間の胆石症例
2022 2021 2020 2019 2018
腹腔鏡下胆嚢摘出 80 104 67 71 101
開腹下胆嚢摘出 6 5 13 16 18
合計 86 109 80 87 119

●ヘルニア(鼠径・大腿・閉鎖孔ヘルニア)ヘルニアとは足の付け根あたりからお腹の中の腸などが飛び出したものであり、いわゆる「脱腸」のことです。年間80例近くの手術を行っており、腰椎麻酔でのヘルニア修復術を行います。近年では全身麻酔での腹腔鏡を用いたヘルニア修復術も盛んに行っております。

過去5年間のヘルニア症例
2022 2021 2020 2019 2018
腹腔鏡下ヘルニア修復 66 51 50 62 37
前方、その他 27 20 34 29 37
合計 93 71 84 91 74

他、消化管穿孔、イレウス、急性虫垂炎など、緊急手術を年間70-80例施行しております。

PageTop