病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
診療実績・病院指標
学術活動
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
地域協議会
病院広報誌
個人情報保護方針

病理診断科のご案内

内科、外科、産婦人科、泌尿器科、皮膚科、などと同じ臨床科の一つです。ほとんどの診療科の疾患の診断に関与しています。胃カメラや大腸ファイバ―などの内視鏡生検や乳がんなどの針生検などで採られた病気の一部を、顕微鏡で観察し病名を特定することを病理診断と呼び、検査ではなく、医師(病理診断専門医)が行う医療行為に相当します。病気が「腫瘍」または「炎症」か、腫瘍であれば「がん」または「良性」か、「がん」であれば「たちの悪い」ものかそれ以外かを診断しています。病理診断により手術、化学、放射線療法、経過観察など治療方針が決定されます。さらに手術により摘出された臓器も、病理診断科で顕微鏡を用いて全体を詳細に診断します。病気の一部分の観察ではわからない、病変の拡がり、転移の有無、治療効果、病変は採りきれたかなどを評価します。これらの情報は、追加で行う治療方針や予後の推定に必須で、患者様ひとりひとりに最適の医療を提供するため、チーム医療の一翼として貢献しています。他にも子宮がんなどのがん検診での細胞診は、がんの早期発見に非常に効果的であり、積極的に行っています。当院では、研修指導医を含む4名の病理専門医(非常勤)が、年間約4,000件の病理診断と約8,000件の細胞診を担当しています。

施設認定

日本病理学会認定施設

 

 

 

 
PageTop