病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指針
診療実績・病院指標
学術活動
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
リンク
地域協議会
病院広報誌
個人情報保護方針
SNS運用ポリシー

輸血を拒否される患者さんへ

相対的無輸血に関する当院の基本方針


~ 宗教上の理由で輸血を拒否する患者さんへ ~


当院では宗教上の理由により輸血を拒否する患者さんに以下のように対応します。

  1. 主治医は患者さんに対し丁寧な説明を行い、患者さんの期待に沿えるよう、可能な限り無輸血治療の努力を行います。
    ただし、患者さんの救命に対し輸血が不可欠であると判断した場合には、輸血を実施いたします(相対的無輸血)。
    その際、輸血同意書が得られない場合でも輸血を実施いたします。


  2. 無輸血を希望される患者さんが提出される「免責証明書」など絶対的無輸血(救命に必要な場合でも患者さんの意思通り輸血を施行しない)に同意する書類には署名いたしません。


  3. 以上の方針は輸血に限らず生物由来製剤、血漿分画製剤の使用、患者さんの意識(判断能力)の有無、年齢にかかわらず適用します。


  4. これらの方針を理解していただくように十分な説明をいたしますが、最終的にこの方針に同意されず、かつ時間に余裕がある場合は、他院での治療をお勧めします。その場合、必要な情報はすべて提供いたします。



令和 2年 2月
独立行政法人地域医療機能推進機構
諫 早 総 合 病 院 長  長 郷 国 彦




【相対的無輸血】
患者の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った時には輸血をするという立場・考え方

【絶対的無輸血】
患者の意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方
PageTop